9月 2017

デメリットとメリット

Posted on 2017-09-12

素顔でもハッキリとしたきれいな眉毛は女性の憧れで、お化粧しなくても数年間は大丈夫なアートメイクですが、危険性があることも認識しておきましょう。
感染症などのトラブルが起きてしまった場合には、アートメイクを施術した部位が炎症を起こしてしまいます。このような場合には、HIVや肝炎、あるいは角膜生涯など深刻なリスクを負うことにもなりかねません。また、施術した部位が化膿することもあります。ひどい場合には、肉芽腫を発症することもあります。

また一番の問題点は、MRIやCTなどの画像診断が受けられないという点です。これは定期的にレントゲン検査している方であれば大問題です。そして、交通事故にあい救急車で病院に運ばれたとしましょう。通常であれば、まず身体の中がどうなっているのか、レントゲン撮影をするでしょう。アートメイクであることが医師に分かれば、画像診断することに躊躇することでしょう。何しろ磁場が強い場所においては、染料の中に含まれている微量の金属が大変な悪さをしてしまうから!

アートメイクを施している箇所が、チリチリになってしまったりと火傷の症状を負ってしまうのです。これでは怖くてレントゲン撮影はできませんよね。如何ですか?日ごろの手間も省けてうれしいはずのアートメイクには、メリットもあればデメリットもあることを認識しておいてください。

 

眉毛にアートメイクする

Posted on 2017-09-06

最近、ダイエット目的でフィットネスクラブに通っているんだけれど、マシンを使い、水泳もすると汗をいっぱい掻いてしまい、素顔が人に見せられない!と嘆く女性も多いでしょう。身体を動かす訳ですから汗を掻くのが大前提ですよね。そんなことはわかっているんだけれども、素顔が!と悩んでいるのであれば、アートメイクを施してみることを検討してみましょう。

アートメイクは、ニードルの先に染料をつけて、施したい部位の皮膚に入れていきます。染料に使われている色素は、天然成分主体のものになり、米国食品医薬品局が許可を出したものになります。眉毛のアートメイクでは、立体感を出すために。3Dが取り入れられています。1本1本丁寧に毛を描いていくように色素が入っていきますので、より一層見た目が本物に近いものになります。

眉のアートメイク画像
出典: 眉アートメイク【シロノクリニック】

とくに素顔に映えるように、ナチュラル感を大事にする方が多いようです。眉毛も場合には、毛抜きで抜きすぎてしまい、左右が非対称になってしまった。もともとが薄くて貧相に見えるなど、悩みも多くあるようです。アートメイクするだけで、まるで自分自身の眉毛のように感じさせてしまうのは本当に驚きの技術です。スポーツが大好きでよく泳ぐのであれば、スッピンになっても恥ずかしくないアートメイクにチャレンジしてもいいでしょう。

アートメイクしたいな!

Posted on 2017-09-05

アートメイクとは、メイクをしなくても、まるでバッチリとメイクを施したように目元周りなどがきれいにみえるもので、お化粧とは違いますし、入れ墨ではないし、一体どのようなものなのでしょう。近年、流行しているともいわれていますアートメイクについて説明します。

アートメイクについては、女性誌などに広告が掲載されていることがありますから、一度くらいは目にしたこともあるでしょう。簡単とか、毎日がラクチンですよ!と書かれていれば、お化粧の手間も省けていいわとおもう女性が多いのは事実です。だって、真夏の暑い日でも化粧水やファンデーションを冷蔵庫で冷やしてからメイクするなんてことも聞いたことがありますし、女性にとっては、汗だくでお化粧するのも絶対にイヤなことですよね!少しでも楽になればお化粧も楽しいのにっておもうかもしれません。

アートメイクは正にメイクの手間を省いてくれて、しかも素顔でいてもちっとも恥ずかしくない施術なのです。アートメイクは、医師免許を所持していなければ施術することができないので、簡単にできるという謳い文句には気をつけたいですよね。入れ墨もそうですが、医師法に違反する行為になりますので無免許で施術していれば、検挙されてしまいます。サロンを選ぶ際には、十分に注意をして安全面の確保ができているのか見てください。さて、アートメイクをするまえには、無料のカウンセリングを受けましょう。直接担当してくれる方と話をすることで、不安が払拭することもあります。納得することが大事ですね。